top of page

岐阜県、「水源の森づくり」プロジェクト

単価:8,000円/トン

東海三県地域では、水資源確保や多発する災害対策として、木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)流域の保全と水の安定供給を目的とした森林整備を進めています。地球温暖化防止や国土の保全、レクリエーションの場の提供など、森林の公益的機能の高度発揮に対して高まる需要に応えるため、手入れが行き届いていない森林の間伐等を行っています。この活動により増加したCO2吸収量は、J-クレジット制度による認証を受け、クレジット化されています。クレジット化により得られた資金を活用して、ますます豊かな「水源の森づくり」を目指しています。

  • 認証制度名:J-クレジット制度

  • プロジェクト実施者:木曽三川水源造成公社

  • プロジェクト名:水源の森づくりプロジェクト

  • 方法論名称:森林経営活動



 


bottom of page