top of page

愛媛県、伊予森林組合における間伐促進型森林吸収プロジェクト

価格:15,000円/トン

プロジェクト対象地の伊予市中山町栗田地区は、林業担い手不足に加え、木材価格の低迷により、森林所有者が山林離れを起こす問題に直面しています。そこで、平成19年度に「輝く森林[もり]を未来へつなごう」プロジェクトを立ち上げ、大規模な間伐を推進し森林整備を行ってきました。間伐による森林のCO2吸収量をクレジット化し、今後の森林整備に利活用することにより、森林環境の保全と森林資源の活用の双方から持続可能な森林管理を展開し、森林所有者の意識改革を行い、地域全体の活性化、雇用創出に貢献したいと考えています。

この地区は、総面積に占める水土保全林の割合が約7割と高く、森林整備を実施により水源涵養機能の高度発揮が期待されます。資金は、森林所有者へ還元するほか、団地内の作業路網の維持管理費や、間伐などに活用する計画です。



Comments


bottom of page